不動産の物件では駅からの距離

不動産物件の購入や投資では、しばしば駅からの徒歩距離や時間などが重視される場合があります。
駅から近い物件ほど、その物件の価値が落ちづらいと言われています。

 

駅から徒歩1分もかからない物件の方が、徒歩15分の物件よりも価値が落ちづらい訳です。
ではなぜ価値が落ちづらいかと言うと、利便性の問題があります。

 

駅の近くは、やはり便利です。
デパートなどショッピングの為のお店が非常に多く集まっているものなので、ショッピングの利便性という点から価値が落ちづらい訳です。

 

それと駅から近ければ、毎日の通勤なども当然楽になってくるものです。
駅までバスで行くよりも、やはり歩いて行ける方が毎日の通勤も楽だと思います。

 

このような点から、不動産の物件では駅からの距離はかなり重要な意味合いがある訳です。
そのため不動産投資でも、駅から近い物件に投資をされる事も非常に多いのですが。

 

不動産というのは、駅はかなり重要な意味合いがあると言えます。

不動産apiの購入や投資では駅が大事新着記事